FC2ブログ
ishii yasuko
http://museumguide.blog17.fc2.com/
World Wide Weblog
■東京現代美術館の企画はキュレーター長谷川女史のたまもの?
2009-07-20 Mon 23:32
"東京都現代美術館" ★★★★MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO
mot1.jpg
mot2.jpg
東京の下町清澄白河駅から煎餅屋、ウナギ屋、深川飯の看板を見ながら進みます。
10分くらいで大通り向かいに美術間MOTが見えてきます。
ここはイベント企画が面白く要チェックの美術館です。
ちょっと来ない間に下写真のように通路側にアート!!いいんちゃう~☆

★★★★イベント "池田亮司 +/-"2009 4 2-6 21
mot3.jpg
入り口前の看板、COOLでしょう~!
池田さんのサウンドインスタレーションはサイン波、ピクセル、うう~~~ん
頭良過ぎ!アート=数学みたいでした。

mot4.jpg
特別展示 ”ヤノベケンジ/ジャイアント・トらちゃん"2009 4 16-8 2
入館してすぐ奥で動いてる!!目光ってる!
右下イエロー宇宙服の小さいトらちゃんは腰振って・・・・
やっと会えました。豊田美術館でも見逃し、逢いたかったっす☆
もう一度動くまでと思ったらいつ??30分待っても気配なし・・・時間ないしまたね

★★★ミュージアムショップ
mot-shop.jpg
前まで廊下に横一列で出店のようだったのが写真が入り口です”NADiff”になってました。
これは仙台メディアテークも水戸芸術館も同じだったかな?
アートに関する本の種類が豊富。アートグッズも豊富です。

★★★カフェ”Cafe Hai”
mot-cofe.jpg
mot-cofe2.jpgmot-cofe3.jpg
ここもリニューアルしてました。
ベトナム料理中心のメニューです。
コーヒーあり!下にコンデェンスミルクは入れてあって上から落ち来るコーヒーと混ぜます。
フォー(汁ビーフン)器もかわいい!隣の人食べてました。次回は☆
一番GOOD ! は入り口ガラスの模様!ステキで~~す。


スポンサーサイト



別窓 | 関東 甲信越 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
vol.16 ジム・ランビーの原美術館 ♪♪♪
2009-02-17 Tue 01:46
"HARA MUSEUM" ★★★★★改装設計:磯崎新 1979年開館 (1938年築)
hara.jpg
個人邸だったモダニズム建築が美術館として生まれ変わり、
展覧会やパフォーマンス、イベントにも利用されてる素晴らしい建物で好きな美術館の私は東京中でベストです。
階段の手すりとか食堂?リビング?の丸く突き出した窓、建物は曲線を描き廊下も。

☆!だから!?
ジム・ランビーの原美術館での作品は曲線っ!

私の好きな奈良美智さん、宮島さん須田悦弘、森村泰昌さん達の常設「部屋」が有ります。行くたびに声かけます”逢いに来ましたよ~ ”
今回は玄関先の草間さんのカボチャは無く、
ナムジュン・バイクのモニターは調整中でした。さびしいかな

イベンド"JIM LAMBIE" ★★★★アンノウン ピレシャーズ08/12/13~09/3/29
hara2.jpg hara3.jpg
白と黒のストライプのテープが原美術館全ての部屋の床を覆いました!
すごい!
スコットランドのジム・ランビーの原美術館のオリジナルです。
去年12月に10数人のボランティアと5日間かけて、制作。
2月8日放送の日曜美術館アートシーンでの紹介で、
この空間は日本の枯山水の庭が石で水を表したように、白と黒の曲線は音のない流れ(レコード盤?)を表現。コンクリートで固めたレコード盤のオブジェが漂っているのだそうです。
なるほど
音がないところで音が聞こえるようです。
写真は2階から下を観たところです。

彼の作品は、NY MoMA入り口、十和田市美術館エントランスでカラフルなテープを直線で埋め尽くしたのを観ました!シャープできれい。今回もいいです。

今月号のカーサブルータスはここでモデルがプラダの服で撮影していますよ。
カメラマンはJunya HATAさん、流石の光の取り入れ方です。
素敵なんで機会があれば観て下さい、P40くらいです。

Cafe d'Art ★★★★
hara4.jpg hara5.jpg
中庭に面したガラス張りのカフェテラス。
天気の良い日に開け放たれ、中庭でも食事出来ます。

私が食べたのはランチプレートコーヒー付1,050yenだったかしら?
隣の文学女性っぽい人は同じ物にシャンパンつけオーダー☆
しまったあ!私も飲みたかったなあ~

The Museum Shop ★★★★
hara6.jpg
セレクションが良いです。狭いスペースですが、何が中心なのか分かるし、小さい物が多いので見入ってしまいますよ~。
本が並べきれてなく、乱れてるのがちょっと残念‥‥

hara7.jpghara8.jpg
ここのサインは三角モチーフで?磯崎サンだからかしら??
ソツなく上手ですわ。

別窓 | 関東 甲信越 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
vol.15 ワタリウム美術館は外苑前の憩いのスペースでした。
2009-02-16 Mon 22:57
"The Watari Museum of Contemporary Art" ★★★★
設計:マリオ・ボッタ1990年9月開館
wataryumu2.jpg wataryumu1.jpg
モダンなボーダー柄は石の種類の違い、三角形の変形敷地に三角形の美術館。
横からの写真分かります?薄いです。正面は左右対称の規則正しいファサード。
ル・コルビュジェ、カルロ・カスバ、ルイス・カーンの巨匠に従事し、日本での唯一の作品。面白い作りだわ!COOLです。 
でも中は以外と狭いん~。

イベント"美しい青い風が" ★★★
ワタリウム美術館コレクション展 アイ・ラブ・アート9 '08/9/5~12/7
wataryumu5.jpg wataryumu4.jpg
ジュリアン・シュナベール、ジョン・ケイジ、ニキ・ド・サン=ファール、ヨーゼフ・ボイス、アンディ・ウォーホールなど。
中でもキース・へリングは1983.2.21~3.9まで彼が描いた壁画 の公開も。
10年以上看板で覆われていた壁画(下の写真、上部のみキース)、
美術館の正面にそれは有ります。
2階の窓に設置されたモニターに当時のNHKのドキュメンタリーを観ながら、
外のビルの壁画を鑑賞 !☆。感動ですよ~。
キースは良いですねえ♪ 再確認。

wataryumu7.jpg wataryumu6.jpg
そうそう、この美術館はパスポート製チケットなんです☆!
大人1,000yenで期間中なら何度でも入場可!!!
素晴らしい~  東京はいいなあ~

"shop & cafe" ★★★★
wataryumu3.jpg
この写真部分が1階スティショナリー好きなセレクトで良いですねぇ。
ポストカードの種類と数、日本一かもです!

地下1階にブックショップとカフェです。歩き疲れたら、一息。
大橋歩さんが美術館の中でオススメはワタリウムの本屋とカフェと何かに書いてらっしゃいました。
私的には地下のカフェはどうかなあ?

別窓 | 関東 甲信越 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
vol.14 法隆寺宝物館(上野公園)の日本美意識にムムッ!谷口建築また感動ですぅ☆
2009-01-17 Sat 23:24
"The Gallery of Horyuji Treasures" ★★★★★設計;谷口吉生
houryuuji1.jpg
東京国立博物館内には7つの館が在ります、ひろーーい!
これらは観覧料一般600円で全て観れます。が、特別展は別に。
この中で休日過ごすのも良いかもです。
・本館 1938開館 渡辺仁設計ーー日本ギャラリー
・東洋間 1968開館 谷口吉郎設計ーーアジアギャラリー
・表慶館 1909開館 片山東熊設計
・平成館 1999開館ーー特別展・日本の考古
・法隆寺宝物館1999開館 谷口吉生設計ーー法隆寺献納法物
・黒田記念館 1928竣工
・資料館 1984 開館

さて写真の法隆寺宝物館です☆美術館の前の水盤を渡るように入口に入ります。
まるで屋根が鳥居のようです。

houryuuji2.jpg
東京国立博物館正門左の木々の先、中央かすかに噴水が写っています。そこが目指す美術館です。まったく見えずこの先にあるの?建物が水盤とともに現れた時の感動~☆!

houryuuji3.jpghouryuuji4.jpg
houryuuji5.jpghouryuuji6.jpg
*左上写真ーエントランス
館内は格子(京都の町屋のようと書いてある本もあります)と外からの光が作る光と影で本当にどこをとっても美しい、ニッポンの美です。
一日いたらどんだけ光の違いで建物は変わって行くんでしょう~
谷口さんの建物静かに驚く品と表現の美しさです。
凄く計算されていますねえ~。脱帽です。ブラボー♪

この外光とは対照的に展示室は暗い空間で、端正に並べた観音様群など展示物だけを浮かび上がってくる!ライティングが素晴らしい☆ホントに!

レストラン"ホテルオークラ ガーデンテラス" ★★★houryuuji7.jpghouryuuji8.jpg
イケメン日本画家の山口晃氏がここでお茶をして過ごす時間が好きだと何かの本に書いてあったので、是非と行きました。お客は年齢少し高め、品の良い方々です。

*左写真は入口手前で順番待ちスペース。他のスペースが天井高で広いのに、ここ少し狭いですよね。庭の眺めももひとつ‥‥オークラの名前つくだけあって、サービスは◎。
*おすすめランチプレート1,980円 
本日の魚のポアレ、パン又はライス、コーヒー又は紅茶
お皿も上物ですが私にはちょっとお高い感しました。

houryuuji9.jpg
サインですが、目立つように?後付けかしら?? 
シャープな金属看板へ描かれたサインがデカイ---私的には残念。

"東洋館" ★★★設計;谷口吉生の父、谷口吉郎
houryuuji10.jpg
正門から宝物館の反対、すぐ右側にあります。床だかに見える端正な建物です。
流石、谷口さんの父!

houryuuji11.jpghouryuuji12.jpg
外観の直線的から入口吹き抜けのホール、さまざまな地域の美術、工芸、考古遺物の展示。
室内は大屋根の中で柱を中心に半階ずつ階段で展示室をめぐる構造なので各フロアを見渡すことが出来ます。こんなの初めてです。あっあの外人今はあそこに居るわあ~なんて、見えます。
天井スポットがむき出しで、少し古さが拭えませんね。

別窓 | 関東 甲信越 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
vol.11 総合でNO.1レストランはここ東京国立近代美術館だと思いますぅ♪
2008-12-09 Tue 01:38
takebasi-5.jpg
"Modern Japanese Art from the Museum Collection " ★★★
近代日本の美術作品の所蔵は9000点のコレクションの中から200~250点を年間5回の展示替えしています。研究員によるハイライトツアーも充実してて、たびたび来たい美術館です。お近くの人、羨ましいっす。

takebasi-2.jpg
イベント"建築がうまれるとき " ★★★ ペーター・メルクルと青木淳 2008/6/3~ 8/3
建築家青木淳さんのつぶやき?どんな風に考えて、手のひらくらいのスタディ模型99個それが、胸くらいの高さの台が宙吊りで、巨人になったように覗き込みながら進みます。考えるって楽しい?工夫?アイディア?実用?苦しい?青木さんらしさ?お仕事を垣間みれ楽しかったです。青木さんっ青森県立美術館は傑作です!また観に行きます。

takebasi-3.jpgtakebasi-4.jpg
http://www.momat.go.jp/Honkan/aqua.html
カフェ・レストラン"クイーンアリス・アクア" ★★★★★ 石鍋裕シェフのプロディースカフェ・レストランでカジュアルなフランス料理。左写真は美術館側からでなく、竹橋駅から通り沿い入口です。正面に皇居、なんともパラソルがグッチみたいで良いでしょ~?!4月にはこの坂は桜並木~。開店と同時にほぼ満席になりますので、先に食事してから☆美術館はどうでしょう。
ビジネスマンもランチに来ています。いいなあ~今日のランチどう美術館でって感じかな・・・。
右のクラブサンドで1,000円☆!♪ボリューム満点。満足感いっぱいですよっ。でテーブルの瓶ミネラルウォーターもサービス、お・い・し・い~、隣の品のいい老夫婦はパスタランチ!深い大きな皿でこれまた美味しそう!うううう次回は!テーブルサービスも完璧!

美術館好きの写真師の○○モトさんのお勧め店!流石グルメでらっしゃいます。メモりました。

http://www.momat.go.jp/Honkan/shop.html
"ミュージアム ショップ" ★★★
写真撮れなかったんでHP見て下さい。フムフムな感じでした。


takebasi-1.jpg
私の好きなトイレのピクトグラム、スカートがぷっくりとミニです。足長で色っぽいですわ♪


別窓 | 関東 甲信越 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| MUSEUM | NEXT
copyright © 2006 MUSEUM all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/