FC2ブログ
ishii yasuko
http://museumguide.blog17.fc2.com/
World Wide Weblog
好きな書体" Helnetica"DVD出ました~♪
2008-11-04 Tue 01:33
ヘルベチカ ~世界を魅了する書ヘルベチカ ~世界を魅了する書体~
(2008/10/24)
マイケル・ビェルートネヴィル・ブロディ

商品詳細を見る

"Helvetica"~世界を魅了する書体~ ★★★★★
1957年スイスで生まれアメリカへの販売目的で作られた世界で最も有名な書体!Helvetica =ラテン語でスイス書体の意。このドキュメンタリーDVDは一つの書体のテーマでそれに関わった偉大なグラフィックデザイナー、タイポグラファー達のデザイン哲学の違いがインタビューによって浮き彫りなって興味深い☆!また構成もカメラも巧い☆!素晴らしい内容です♪。ネヴィル・ブロディは武器だといい。デビッド・カーソンは"読める"と"伝わる"は違うとHelveticaを使おうとしないデザイナー。またMacのスティーブン・ジョブスがHelveticaをパソコンに取り入れる話とか、本編に収まりきらなかったインタビュー部分が特典で入ってま~~す。ウレシイ♪。
私は8年くらい前、グラフィックをパソコン教室で勉強してた時、若い先生がペジェ線の練習にヘルベチカをトレースするように言われました。この書体が一番美しく完成されていると力説。それ以来、この書体は特別なものに、デザインに書体がいかに大切かまた文字間、空間の取り方など、凄く影響を受けました。その先生はデビット・カーソンを語りブロックマンに興奮してたなあ~~~先生!お元気ですか?今は誰のデザインに興奮してますか?私はプロダクトや建築に興味深々の日々してますよ。


Helvetica: Homage to a TypefaceHelvetica: Homage to a Typeface
(2006/06)
Lars Muller

商品詳細を見る

DVDにもラース・ミュラー本人出ています。この本は看板集?へ~~これもHelvetica!!!見覚えのあるものがおおいっす。素敵なバイブル本。中が綴じになってって中の写真をワクワクしながら中ページを切り開いていくのです。


The End of PrintThe End of Print
(2000/10/23)
Lewis BlackwellDavid Carson

商品詳細を見る

パソコン教室の先生一押しだったグラフィック本で一番売れたデビット・カーソン「The End of Print」タイポグラフィがアートになった、ポストモダンのこれは衝撃的NEW!デザイン本だと思ってます。DVDでの彼のしゃべりは面白いですよ~。ヘルベチカをグローバルな画一なものの代名詞のように語ってるんだけどその偉大さも認めてるとこが凄いな☆


グルッポ・ムジカーレ~ベストグルッポ・ムジカーレ~ベスト
(1993/03/01)
坂本龍一

商品詳細を見る

これは坂本龍一ベストを買ったらデザイン;Nevill Brody !!! ( 巨匠Brody もDVDに出てますよ、顔や声、持論が聞け感動です)坂本さんあなたは流石って当時驚きました。
CDジャケットはデザインの凝縮ですよね♪。思わずジャケ買いしてしまったり、CDジャケットのデザインが良いのが多いのは音楽だからこそイメージが広がるデザインが多いのかしら~?シンガーのポスター写真だけではつまらないもん・・・。私は音楽をネットで買わないのもジャケットのデザイン&紙質が好きだから。広げていく楽しみありますよね~☆
別窓 | ひゃほ~♪DVD&BOOKS&CINEMA | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<vol.11 総合でNO.1レストランはここ東京国立近代美術館だと思いますぅ♪ | MUSEUM | フランク・O・ゲーリーの最新作 "長椅子!?">>
この記事のコメント
nomさん、同感です。
ハイカラなはずの神戸に昨年末、映画館シネカノンが閉まりました。
ボーダーの長Tシャツ微妙な分け目のお兄さん、
フラガール、カモメ食堂などパンフの域を超えたデザイン。
映画好きにはたまらない場所が消えてしまいましたあ......寂しいです。
残るは栄町のvivovaの本屋○○さんのみです。
2009-01-06 Tue 00:19 | URL | ishii~~san #-[ 内容変更] | top↑
#4
ネヴィル・ブロディ、懐かしいですねえ(というと歳がばれますが)。すごく好きでした。この間机の中を整理してたら、ネヴィル・ブロディの展覧会(が東京でずいぶん昔にあったんだと思います、うろ覚え)でもらったコースターみたいな丸いカードを見つけて、今、机の前のカード立てに入っています。今見てもかっこいいです。
デビット・カーソンもかっこよかったですよね。雑誌RAY GUNのアートディレクターしてた人ですよね。読めないデザインというのは画期的でした。そういいつつ、RAY GUNは買ったことなかったので、立ち読み(立ち見?)だけでしたけど。
いつもそんな雑誌を立ち読みしてた神戸元町の丸善もいまは無く、神戸にはまともな洋書屋さんが無くなってしまいました(ランダムウォークも倒産・・・)。ハイカラな神戸のはずなのになぜ?


2008-11-22 Sat 23:24 | URL | NOM #qqhT47cU[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| MUSEUM |
copyright © 2006 MUSEUM all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/