FC2ブログ
ishii yasuko
http://museumguide.blog17.fc2.com/
World Wide Weblog
vol.14 法隆寺宝物館(上野公園)の日本美意識にムムッ!谷口建築また感動ですぅ☆
2009-01-17 Sat 23:24
"The Gallery of Horyuji Treasures" ★★★★★設計;谷口吉生
houryuuji1.jpg
東京国立博物館内には7つの館が在ります、ひろーーい!
これらは観覧料一般600円で全て観れます。が、特別展は別に。
この中で休日過ごすのも良いかもです。
・本館 1938開館 渡辺仁設計ーー日本ギャラリー
・東洋間 1968開館 谷口吉郎設計ーーアジアギャラリー
・表慶館 1909開館 片山東熊設計
・平成館 1999開館ーー特別展・日本の考古
・法隆寺宝物館1999開館 谷口吉生設計ーー法隆寺献納法物
・黒田記念館 1928竣工
・資料館 1984 開館

さて写真の法隆寺宝物館です☆美術館の前の水盤を渡るように入口に入ります。
まるで屋根が鳥居のようです。

houryuuji2.jpg
東京国立博物館正門左の木々の先、中央かすかに噴水が写っています。そこが目指す美術館です。まったく見えずこの先にあるの?建物が水盤とともに現れた時の感動~☆!

houryuuji3.jpghouryuuji4.jpg
houryuuji5.jpghouryuuji6.jpg
*左上写真ーエントランス
館内は格子(京都の町屋のようと書いてある本もあります)と外からの光が作る光と影で本当にどこをとっても美しい、ニッポンの美です。
一日いたらどんだけ光の違いで建物は変わって行くんでしょう~
谷口さんの建物静かに驚く品と表現の美しさです。
凄く計算されていますねえ~。脱帽です。ブラボー♪

この外光とは対照的に展示室は暗い空間で、端正に並べた観音様群など展示物だけを浮かび上がってくる!ライティングが素晴らしい☆ホントに!

レストラン"ホテルオークラ ガーデンテラス" ★★★houryuuji7.jpghouryuuji8.jpg
イケメン日本画家の山口晃氏がここでお茶をして過ごす時間が好きだと何かの本に書いてあったので、是非と行きました。お客は年齢少し高め、品の良い方々です。

*左写真は入口手前で順番待ちスペース。他のスペースが天井高で広いのに、ここ少し狭いですよね。庭の眺めももひとつ‥‥オークラの名前つくだけあって、サービスは◎。
*おすすめランチプレート1,980円 
本日の魚のポアレ、パン又はライス、コーヒー又は紅茶
お皿も上物ですが私にはちょっとお高い感しました。

houryuuji9.jpg
サインですが、目立つように?後付けかしら?? 
シャープな金属看板へ描かれたサインがデカイ---私的には残念。

"東洋館" ★★★設計;谷口吉生の父、谷口吉郎
houryuuji10.jpg
正門から宝物館の反対、すぐ右側にあります。床だかに見える端正な建物です。
流石、谷口さんの父!

houryuuji11.jpghouryuuji12.jpg
外観の直線的から入口吹き抜けのホール、さまざまな地域の美術、工芸、考古遺物の展示。
室内は大屋根の中で柱を中心に半階ずつ階段で展示室をめぐる構造なので各フロアを見渡すことが出来ます。こんなの初めてです。あっあの外人今はあそこに居るわあ~なんて、見えます。
天井スポットがむき出しで、少し古さが拭えませんね。

別窓 | 関東 甲信越 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<手塚治虫先生!☆ 2009年は生誕80年!没後20年ですかぁ~ | MUSEUM | vol.13 MAYA MAXXさん、お帰りなさい♪一年ぶりの何必館・京都現代美術館>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| MUSEUM |
copyright © 2006 MUSEUM all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/